浮気相手にも慰謝料は請求できるのか?

離婚の際には慰謝料を請求することが可能ですが、浮気相手には慰謝料を請求することが出来るのかということを知らない人は多いです。

 

実際、浮気相手にも慰謝料を請求することが可能です。
これは貞操権の侵害からくるもので、不貞行為自体に違法性があると認定されることから認められています。

 

ただ浮気相手にも慰謝料を請求できるとは言っても、それには条件があります。
それは「浮気・不貞行為と夫婦仲の悪化に因果関係が認められること」です。

 

浮気相手との不貞行為が発覚したことにより離婚することになった、というなら大抵の場合は浮気相手にも慰謝料を請求することが可能ですが、
もし「浮気・不貞行為が行われる以前から家庭内別居や別居といった状態に陥っていた場合」には慰謝料を請求することは出来ません。

 

因果関係が認められないからです。
そして他には、「浮気相手側も浮気であることを認識していたこと」という条件も有ります。

 

知らずにただの恋人として関わっていた場合には慰謝料を請求することが出来ない、というのは腹立たしくも当たり前のことかもしれないですね。
条件さえ満たせば浮気相手にも慰謝料を請求することが出来ますから、いざというときにはしっかり問い詰めるようにしましょう。

 

 

>>>浮気調査の相場と探偵に依頼したほうがいい理由はコチラ<<<