浮気調査の種類

浮気調査と言っても浮気相手を特定することだけが浮気調査ではありません
浮気調査には種類があり、どれも明確な目的を持って行っていくのです。

 

 

浮気調査には具体的に三つほどのパートに分れています。

 

一つが浮気相手の特定です。
二つ目が浮気証拠の差し押さえと入手です。
そして三つ目が相手の行動の調査になります。

 

 

一つ目の浮気相手の特定と言うのは当然、自分の配偶者が浮気をしている相手を特定することになります。
これが、しっかりと特定できなければ最悪の場合、自分の誇大妄想だったというオチで終わってしまう可能性もあります。

 

 

二つ目の浮気証拠の入手は、しっかりと相手に浮気があった事実を認めさせるような証拠を抑えておくことです。
証拠は配偶者との裁判で利用する可能性もありますし、証拠を入手できなければ相手にしらを切られてしまう可能性だってあるのです。

 

 

三つ目の行動調査と言うのは配偶者を尾行して相手の行動を把握しておく調査になります。
決定的な情報をここで入手する可能性もあれば徒労に終わる可能性もある調査です。

 

 

浮気調査と言っても、相手を特定するだけでなく相手の行動を把握することや相手の浮気の証拠を抑えることも重要な浮気調査に入るのです。

 

 

>>>では、浮気調査の費用はいくらぐらいなのでしょうか?<<<